TOP PAGE »

初めてのNゲージ 鉄道模型ジオラマ製作

鉄道模型

初めてNゲージの鉄道模型のジオラマを自分で製作する場合、最低限必要なものは何でしょうか。まずベースとなる土台が必要です。ベニアの板を買ってきてベースを作っても良いですが、大変だと思う場合は既製品を購入することをおすすめします。

次に、「エンドレスセット」として売られている単線レールが必要になります。つないでいくと楕円形になりますが、ベースにきちんと収まる範囲でレールを揃える必要があります。レールを敷いたら今度はレールのまわりに敷く「バラスト(砂利)」が必要になります。これで一応Nゲージを走行させる基礎ができましたが、レールと砂利だけでは殺風景です。

そこで都会や住宅街を走行させたいのなら、建物やクルマ、人の模型などの情景小物が必要です。また山の中を走行させるのであれば、緑の茂みなどを再現するための「フォーリッジクラスター」や土になる「ターフ」などを揃えましょう。さらに踏切板などを付けても雰囲気が出ます。ベースが小さい場合は、建物を並べると少し違和感がありますので、自然の中を走らせるようなジオラマが良いでしょう。

なお、実際に走行させないでデスクトップとして飾るだけであればレールをつなぐ必要はなく、瞬間的なシーンが再現できるようにトンネルから出てくるシーンだったり、鉄橋を走行するシーンなどを考えてみると楽しいでしょう。

Nゲージ鉄道模型 レイアウト

鉄道模型SL

Nゲージの鉄道模型でジオラマを制作する場合、どのようなレイアウトにするのかをまず考える必要があります。森の中を走行させたいのか、都会の中を走行させたいのかによって必要になる物も変わってきます。また、モーター付きの車両を置いて実際に走らせたいのか、それともジオラマとして飾りたいのかによっても必要となる物が変わってきます。

実際に車両を走行させることを前提にジオラマを制作する場合は、レールが円あるいは楕円でつながらせる必要があります。その際どの程度の距離を走行させるかによって必要になるベースのサイズやレールの数が変わってきます。また、レールは単純な円あるいは楕円を描くのか、それとも8の字でつなぐのか。単線にするのかそれとも複線にするのかでも、色々と条件は変わってきます。Nゲージはサイズがコンパクトなので小規模なジオラマ製作にも向いています。

ジオラマ製作は、それなりのスキルが必要になります。初めての人はインターネットで公開されている製作記などを参考にすると良いでしょう。ただ、製作記をインターネットで公開している人は、かなりレベルが高いので、いきなり同じように真似をしようと思っても難しいかもしれません。

鉄道模型